JA紀南広報誌

2009年9月号p09-00

2008年9月号もくじ

画像の説明

3期生39人が入学  

第1回はギターコンサート

画像の説明

 JA紀南は8月5日、女性大学〝きらっと〟の第3期生入学式と第1回講座を開いた。地域の女性39人が入学し、今後2年間で約24回のカリキュラムをこなす。
 営農生活本部ふれあいセンターで行った入学式で中家徹組合長は「女性が社会にどんどん参加する時代、JAの女性大学で幅広い知識を学んでもらい、仲間をつくって楽しく有意義な2年間を過ごしていただきたい」と話した。
 入学生を代表して田辺市上芳養の早稲田幸子さんは「普段なかなか経験できないことが月1回の講座で学べ、新しい仲間づくりもできる女性大学で新しい自分を見つけていきましょう」とあいさつした。
 入学式の後、第1回講座として、白浜町の聖福寺の住職、関守研吾さんが「情緒豊かなこころで生きる」と題したギターコンサートを開催。生徒らは、関守さんが奏でるギターと歌声、語りに聞き入っていた。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional