JA紀南広報誌

2009年9月号p」16-03

2008年9月号もくじ

画像の説明

まるで花瓶のような蜂巣  

倉庫の軒下で見つかる

画像の説明

 まるで花瓶を逆さにしたような形の蜂の巣が、白浜町美ノ浦の南みよ子さんの自宅倉庫の軒下で見つかった。
 春先に南さんが丸っこい形の土のかたまりに気づき、しばらくして先端が伸びてきたとのこと。
 これは「コガタスズメバチ」というハチの初期段階の巣であることが判明。このまま大きくなると球状になるという。
 南さんは「焼き物をしていたことがあるので、その時作った花瓶を思い浮かべます。中がどのようになっているのか覗いてみたいです」と興味深く話していた。
 なお、コガタスズメバチは比較的おとなしい性格の蜂で攻撃性はあまりないが、巣に刺激を与えると襲ってくるとのことで、編集部が取材した数日後、この蜂の巣は撤去された。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional