JA紀南広報誌

2009年7月号p16-03

2008年7月号もくじ

画像の説明

売り上げ上位者に記念品21年度目標を総会で確認  

なんたん市部会

画像の説明

【大辺路営農室】串本地区のJA直売所「なんたん市部会(岩谷吉啓会長)」は5月28日、会員38人を串本支所に集めて第6回総会を開き、議案審議のほか、平成20年度の売上げ上位者13人に記念品を進呈した。
 なんたん市は平成16年10月に開設以降、順調に売り上げを伸ばしているが、特に20年度は前年比121%の5600万円と大きく伸びた。「紀菜柑」への出荷も増えており、出荷物の増産や品揃えの拡充などで、さらに売り上げを伸ばしていきたい考えだ。
 総会にはJAから杉谷孫司生活常務、佐藤武治センター長らが出席。開会のあいさつで岩谷会長は「売り上げ目標を大きく持ち、これからも新鮮で安全・安心な野菜を出荷するように心がけよう」と話した。
 議案審議では、平成20年度活動報告や21年度予算など4議案を審議し、すべて可決した。また、「紀菜柑」への出荷協力や加工品出荷時の注意事項なども合わせて確認した。
 総会後、出荷会員は「お客さんが飛びついて手を出すような品物の出荷を心がけたい」と話した。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional