JA紀南広報誌

2008年6月号p24-01

2008年6月号もくじ

画像の説明

なばなの里や直売所へ
親睦旅行に59人が参加  

なかへちブロック

画像の説明

 女性会なかへちブロック(小倉和子ブロック長)は4月15日、会員相互の親睦を深めようと毎年恒例の「ふれあい紀行」を実施、会員59人が参加して、JA大阪南の直売所と三重県のなばなの里を訪ねました。
 農産物直売所の「あすかてくるで」は、道の駅しらとりの郷・羽曳野にあり、開店と同時に買い物客で大賑わい。会員らも店内を見回り、熱心に品定めをしていました。
 なばなの里では、世界中から集められた多種多様のベゴニアの花が咲き誇っており、会員らは「旅の思い出に」と写真を撮っていました。
 また、地上45㍍の展望台から花の庭園を楽しんだり、花市場でお気に入りの花を買い求めたりと、壮大に咲き誇る花の景色を楽しみました。
 会員からは「今回で3回目ですが、季節ごとに咲く花が違い、何回来ても楽しいです」との声が聞かれました。天候にも恵まれ、色とりどりの花に心が癒された春の一日となりました。
(栗栖川支所生活指導員・能城優子)

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional