JA紀南広報誌

2005年4月号p20-02

2005年4月号もくじ

切り花栽培の方法学ぶ  

日置・にこにこ市と女性会  

田中指導員から切花の種類や栽培を学ぶ

 日置のJA直売所「にこにこ市」(北悦子会長)と女性会日置支部(小松原貴美子支部長)は3月14日、JA日置支所で切り花研修会を開き、合わせて17人が春からの季節に向く切り花の種類や栽培のコツを学びました。
 講師は大辺路営農室の田中壽一営農指導員。直売所に出荷するための春まき・春植え用の切り花として、アスターやグラジオラス、葉ボタンなど十数種類を紹介。各品種の特長や播種、開花時期などの栽培条件を解説しました。
 さらには、管内で生産拡大を図っている露地切り葉ボタンの栽培も呼びかけ、その品種や目標面積、種苗費用なども説明しました。
 参加者からは「ぜひ切り花に挑戦したい」との意欲的な意見が聞かれました。
(日置地区広報委員・田井寛之)

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional