JA紀南広報誌

2004年5月号p25-02

画像の説明

女性の営農技術向上を
定期的に営農講座開く 女性会上秋津支部

【秋津谷営農室】

画像の説明

女性の営農技術習得と向上を図るため、女性会田辺ブロック上秋津支部(泉美佐子支部長)は定期的に営農講座を開催しており、参加者から「女性同士で学べて参加しやすい」と好評だ。
 3月11日には会員7人が集まり中晩柑の剪定を学んだ。秋津谷営農室の谷口光宏指導員がデコポンの整枝・剪定のポイントを説明。「大玉生産をめざす剪定を」と、立ち枝の除去や主枝の切り返しの程度を参加者の前で実演した。
 そのほか、ポンカン、三宝柑、伊予カン、デコポン苗木の剪定の講義もあり、参加者は「剪定は普通ほとんど男性ですが、女性も積極的にしなければと思いました。学んだことを生かしたいです」と話していた。
 次回の講座は梅の農繁期が落ち着く7月下旬、梅やミカン、晩柑類の重点作業を学習する予定である。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional