JA紀南広報誌

2004年3月号p34-02

画像の説明

白浜でお楽しみ教室開く
3・4年生は料理に挑戦


画像の説明

白浜町十九渕の町立児童館(溝端館長)では昨年5月から、町内の小中学校の児童・生徒に参加を呼びかけての「お楽しみ教室」を開催しており、1月24日にはお料理教室が開かれた。
 教室は小学1・2年生、3・4年生、5・6年生、中学生の部に分け、自然観察教室や囲碁・将棋教室など、各部が年5回程度、土曜日を中心に開いている。
 今回のお料理教室は3・4年生の今年度最後の教室で20人が参加。栄養士の木村先生を講師に、児童たちはハンバーグ、サイコロサラダ、ササミやダイコンおろしのみぞれ汁作りに挑戦した。
 木村先生が材料の切り方を説明し、児童たちは手分けして調理を始めた。タマネギをみじん切りした児童たちは「目が痛い」と声をあげ、交代しながら作業を進めていた。
 作った料理は、皆んなで賑やかに試食し、児童からは「とってもおいしい」との感想が聞かれた。(白浜地区編集委員)

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional