JA紀南広報誌

2004年10月号p25-02

画像の説明
農薬の空容器回収11 /16 に各支所で実施期限切れや不要農薬も
画像の説明

 JA紀南は11月16日の午前9から11時まで、管内各支所で農薬空容器の回収を行います。回収対象となる農薬空容器は、ポリ容器、アルミ袋でJAが供給した物に限ります。また、スプレー缶や紙袋は引き取りできません。
 支所に出すときは、専用袋(支所購買窓口で販売)を使用する、農薬が残っていない状態にする、ポリ容器・アルミ袋に分ける、各袋に名札を添付するなどの注意事項を厳守してください。
 特に空容器に農薬が残っていると回収できませんので、しっかり洗い流すか除去してください。また、洗浄した水は、溝や川に流さないようご注意をお願いします。
 処理の農家負担額は、ポリ容器、アルミ袋、ヨーヒ等の大規格容器ともに、専用袋1袋当たり600円、袋に半分以下の場合は300円となります。
 また今回は、使用期限切れ農薬・不要農薬の回収も予定していますが、回収量等で処理費(運賃)が不確定のため、事前調査を行います。処理を希望される方は、11月5日までに支所購買にお申込みをお願いします。回収日は未定ですが、後日お知らせします。
 なお、不要農薬等の回収・処理は、処理量(処理費)の関係で毎年の実施予定ではありませんので、今回処理を希望される方は必ずお申込みをお願いします。(購買部)

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional