JA紀南広報誌

2004年10月号p19-01

画像の説明

【第18回】

 夢実現、わが地域にも
  光ファイバーが来た  




読書の秋、芸術の秋、いまはさしずめインターネットサーフィンの秋ですね。皆さん、あっちこっちのホームページにつないで、インターネットで音楽や映画・ドラマ鑑賞を楽しんでいることと思います。
 少し前なら、私の住む地域(田辺市上秋津)ではインターネットで音楽や映画鑑賞なんて夢の世界の話でした。ところが、一本の光ファイバー(超高速接続回線)が来ただけで、こうも住民のインターネット利用が広がるなんて! 「光」は、テレビの世界も大きく変えようとしています。私の地域に来た光ファイバーは、来年からはテレビの配信も行うと言い、いまから待ち遠しいです。
 髪の毛と同じくらいの太さの回線が、地上波、地上波デジタル、BS(アナログ、デジタル、ハイビジョン)などの放送をはじめ、400チャンネルを超す専門放送までの番組配信を可能にするのです。テレビ難視聴地域の多い紀南地域では、このような配信がスタートすれば都市並みのテレビ環境になります。
 わが家では、光ファイバーを利用した電話(IP電話)も申し込んでいます。IP電話もいま利用している電話番号をそのままに移行できようになりました。まさに光の威力を見せつけられています。
 日本は、家庭利用でのインターネットのブロードバンド環境整備では、訪米やアジア先進国よりかなり出遅れました。しかし、それはメタル線(ADSL等)を使った世界の話で、日本のお家芸と言われている超高速、高品質な光ファイバーでは世界一だとも言われています。
 昨年からスタートしたJA紀南総合選果場のIT選果機の選果情報も、昨年は通信速度が遅く、かなりイライラして利用していましたが、今年からは光ファイバーでサクサクとページを見えるようになり、早くて便利でIT選果情報はありがたいな~と感じています。
 紀南地域のようにUターンやIターン、Jターン定住者の受け入れが必要な地域では、情報の仕入れ・発信や映画・テレビなどの娯楽メディア、農産品販売、教育・医療など、生活に必要な条件を満たすポテンシャル(性能)が備わっていなければ、その受け入れも進みません。
 和歌山県の就農支援センターでは、都会からのIターン農業希望者の受け入れと教育がスタートしています。ただ、人間関係の良さや大自然、教育だけでは、豊かな生活環境を与えることはできません。
 田舎でも、いまの生活に不可欠な情報系整備も進めなければ、Iターン者の都会への逆戻りや、田舎から都会への若者の一方通行がますます進むことになります。田舎での豊かな生活を営むには、光ファイバーは今後欠かせないアイテムの一つになるでしょう。

健康食品を知るのに便利なサイト見つけた
秋は、何といっても実りの秋、食欲の秋であることは間違いありません。夏ばて気味の胃袋も、秋本番を迎え、そろそろ快調になってきたのでありませんか? そこで、いま非常に注目されているサイト(ホームページ)を紹介します。それは、独立行政法人「国立健康・栄養研究所」が開設しているデータベースサイトです。
●「健康食品」の安全性・有効性情報=
      http://hfnet.nih.go.jp/contents/indiv.php
 アガリクス、アロエ、ウコン、カロテン、キシリトール、キトサン、サメ軟骨、クロレラ、DHA、納豆菌、プルーン、プロポリス、ルテインなどなど、皆さんこういった言葉を聞かない日は無いと思います。
 近頃、健康やダイエットをうたった食品がすぐに効果があるかのように宣伝され、皆さん買うわ買うわ! 買い続けて貯金だけがダイエットした方、健康食品を採り続け不調を訴える方も多いと言われています。お金を出して楽してやせよう、健康になろうという心理をうまく商売に結び付け、医薬品と食品の境界線上を限りなくグレーに近いキャッチコピーで売り続け、すでに1兆円産業にまでなっています。
 こういった食品と成分、農産物などに、本当にその機能性が科学的・医学的に備わっているのかを詳しくデーターベース化したのがこのサイトです。人間への有効性、安全性や動物実験なども記載されています。もちろん梅にも含まれるクエン酸に関するデータもあります。
 このサイトは、いままで発表された試験研究、論文や文献を元に作られていますので、まだまだ見つかっていない機能性もあると思います。梅やミカンなどはまだまだ食品としての研究や発表が足らないと思います。消費者に堂々と、機能性や効果を言えるように早急に試験・研究に努める必要があると思います。
 皆さん、このサイトを利用し、貯金がダイエットし生活が不健康になった!ということは避けてくださいね。賢い消費者は、まずインターネットですよ!

〈木村則夫さんEメールアドレス〉
      info@kimura-e.com
  〈緑の果樹園の中の小さなホームページ〉
      http://www.kimura-e.com

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional