JA紀南広報誌

2003.4.3

新生「JA紀南」発足ごあいさつ  

画像の説明
JA紀南 代表理事 専務 久保 英資  

初年度は改革と基礎固め  

 新生「JA紀南」がいまスタートしました。デフレ不況の真っただ中、先行き不透明な厳しい門出ですが、役職員が一丸となって目標にまい進してまいります。
 JAの事業を改革しよう。組織と経営を改革しよう。意識を変えよう。こうした改革のスローガンと「紀南はひとつ」という願いのもと、九つのJAが結集し新しい「JA紀南」が誕生いたしました。
 九つの個性が集まったのですから多くの調整を要します。いまは緒についたばかりですが、まずは事業や事務のやり方から、高位平準化に向けて調整し合理化、効率化をすすめています。
 合併前の地区懇談会で「合併しなくても行けるのではないか」「合併すればどんなメリットがあるのか」という多くのご意見をいただきましたが、いまは、支所や事業所の良さを活かしたこれまでの活動機能を低下させることのないように万全を尽くします。
 合併は目的でなく改革の過程のことがらです。合併は改革の始まりです。諸改革をすすめることで着実に合併の成果を積み上げ、皆さまにメリットとして還元できると信じています。
 基本方針のひとつに掲げている「果樹を基幹とした日本一の産地づくり」も、生産販売委員会と作目別部会とともに樹てた品目別の生産対策を強力にすすめますが、まずは組織が日本一と言えるようになることです。組合員と一体となった営農振興活動が日本一となるよう、組織の活性化と強化を図ってまいります。
 初年度が始まったいま、取り巻く諸情勢が刻々と厳しさ増し、よくぞ合併したものだと強く感じるとともに、早期に「合併JAならでは」の活動展開ができることをめざしております。
 JAは人的な結集体です。心をひとつにしなければ力は出せず、実も結べません。協同の理念と新生JA紀南の基本方針を組合員・役職員が皆んなで共有し、合併JAでなければなし得ない「夢」を描きその実現を図りたいと考えます。
 役員一同、危機意識を持って取り組みます。職員も一丸となって新しい意識に燃えております。
 私は「合併して良かった」という立派なJAができる
と確信しています。初年度はその基礎を固めます。何とぞ合併JAの将来にご安心いただいて事業・活動に積極的なご協力をいただきますようお願い申しあげごあいさつといたします。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional