JA紀南広報誌

2003年9月号p13-01

画像の説明画像の説明
落葉果樹

◆土壌改良(中耕施用)
 梅・スモモの落葉果樹は10月が土壌改良の時期である。梅は浅根性のため、水分や酸素が多く必要で、これが不足すると樹勢不良や果実肥大の抑制、果実の軟化が見られる。安定・高品質栽培の基本となる土づくりは重点課題として積極的に取り組もう。土壌改良は表2を参照して行う。

◆苗木の植付け準備
 落葉果樹の苗木は、休眠期に行うのが良い。秋植えは春植えに比較して生育が優れているため、落葉が終わってから植え付ける。葉がある場合は摘葉し、十分灌水を行い、その上に敷きワラなどをし、年内中をめどに定植する。(図1参照)
(落葉果樹は営農指導課の堀修実が担当しました)

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional