JA紀南広報誌

2003年8月号p20-01

女性会と生活のページ
画像の説明
親睦深め活動を活発に
なかへちに招き交流会
なかへち・串本ブロック


 

画像の説明

 女性会なかへちブロック(小倉和子ブロック長)と串本ブロック(亀岡紀子ブロック長)では、相互の交流を図ろうと7月24日、中辺路町栗栖川の古道ヶ丘でふれあい交流会を開催しました。
 合併を機に旧JAの地域を越えて会員同士が親睦を深め、女性会活動をますます活発にしようと、両ブロックの役員が企画したもの。この日は双方から20人が参加し、バーベキューやゲームなどを楽しみました。
 串本ブロックの一行は約2時間かけて同町熊野古道館に到着。熊野古道語り部の岩見省三さんから、熊野古道の説明を受け中辺路の歴史や文化を学びました。
 串本の一行はその後、なかへちブロックの役員が待つ古道ヶ丘へ。交流会では「野菜はすべて中辺路の地場産」というバーベキューに舌鼓を打ち、お互いの自己紹介や、女性会活動の内容について歓談しました。
 このほか、なかへちブロックの会員が地元の踊りとして″清姫音頭″を披露したり、景品付きビンゴゲームを楽しんだりと交流会は一段と盛り上がっていました。
 串本ブロックの一行は「すてきなおもてなしを受けて感激です。今度はぜひ串本に来てほしい」と話していました。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional