JA紀南広報誌

2003年8月号p16-02

画像の説明
画像の説明
高雄中ら生徒受け入れ
Aコープなどで職場体験
画像の説明

 

画像の説明

 7月14・15の両日、田辺市湊の高雄中学校(山本昌二郎校長)の2年生男子生徒7人が職場体験のためJA紀南を訪れ、Aコープいなり店とCOOK GARDENでの仕事に挑戦しました。
 高雄中学校では、「将来就きたい」仕事、あるいは興味のある仕事を体験することで、職業を理解し働くことの喜びや苦労を学ぼうと、2年生の総合学習に職場体験を取り入れています。
 14日、AコープCOOK GARDENを訪れた生徒たちは、担当職員からアドバイスを受け、商品の運び出しと店内陳列や整理整頓、果物のパック詰めなどを体験しました。
 商品の陳列作業で坂本充くんは「仕事をすることは大変だな。Aコープの職員さんが普段どういうことをしているのかよくわかったし、こんな体験ができて良かったです」。果実のパック詰めに精を出した前田智也くんは「思った以上に手間がかかります」と感想を話していました。
 また、7月10・11の両日には、同市神子浜の東陽中学校(濱中由喜雄校長)の2年生生徒5人が中芳養・万呂の梅加工場で、同市中三栖の衣笠中学校(鈴木勇校長)の2年生生徒3人も14~16日までの3日間、Aコープ万呂店で職場体験を行いました。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional