JA紀南広報誌

2003年5月号p21-04

編集部だより  

■大リーグで活躍しているイチロー選手を見ると、数年前『変わらなきゃ、イチロ・ニッサン』と自社の改革をうたった自動車メーカーのCMを思い出す。そのCMはバブル崩壊後の1995年に製作されたそうだが、「変わらなきゃ」との思いは、8年の歳月を経たいまもなお、あらゆるところで生き続けているように感じる。数年来、デフレ不況は続き、茶の間を賑わすワイドショーや新聞記事を見ても、明るい話題を探す方が困難な時代だ。やはり何もかも一から見直す「改革」をしてもって「変わらなきゃ」いけないのかもしれない。新JAが発足して早くも1カ月が経過したが、組合員さんや地域の皆さんからこれまで以上に必要とされ、「良くなった」と実感してもらうJAづくりが急務である。(竹内)
■新しい「JA紀南」が4月1日に誕生し、情報管理課に配属され広報担当になった宮吉洋です。これから取材で組合員の皆さんのところにお伺いさせていただきますので、ご協力をお願いします。新JAのエリアは、田辺市から串本町までと広域で、それぞれの地域で栽培されている農産物など知らないことがたくさんある。そういう中で取材をしていく訳だが、旧JA単位には取材や情報提供役の編集委員さんが配置されているので心強い。各地区の編集委員さんと連携し、JA紀南管内の話題を広報誌に掲載し、組合員の皆さまに毎月お伝えしていくのだが、編集に際しては、皆んなが情報を共有できる誌面づくりに努めたい。これから取材を通じて大勢の人とお会いできるのがとても楽しみだ。(宮崎)

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional