JA紀南広報誌

2003年5月号p20-01

画像の説明

阪神勝利が健康法  

〝お酒はぬるめの燗がいい〟とはどこかで聞いたセリフ……。私の健康法は毎晩飲むコップ一杯のぬる燗だ。
 成人してから28年間、いったいどれだけの量を飲んだのだろうか。酒屋さんに支払った額はいくらだろうか。自問自答するこの頃だ。あまり飲まない私?でさえ、年をとるにしたがい健康のことを考えさせられる。
 『酒は百薬の長』という。飲む方法はいろいろだが、食事をする前に飲むのがよいと聞く。血行を良くし、食事も進む。少し量を増やすことで、むしゃくしゃしたことも忘れられる。他のことはあまり長続きはしないが、晩酌だけは忘れたことがない。一度試してみてはいかがですか。
 もうひとつの健康法は、プロ野球、阪神タイガースの勝利。こちらはファンになって約40年。勝てば気分すっきり、負ければむしゃくしゃ。健康は気分によっても大きく左右される。
 タイガースの勝った日は何度もスポーツニュースを見てぐっすりと睡眠をとることができる。熟睡することが体には一番。『今日のことは明日に残さない』『あまりくよくよ考え込まない』。これが私のモットーである。
 それが健康につながり明日の仕事への活力となる。今年のタイガースは良いスタートを切った。郷土出身期待の星、浜中選手もタイガースの4番バッターとして育とうとしている。まずはひと安心。
 タイガースは4月に開幕して5月でシーズンを終了するという例年のパターンだが今年は違う。18
年ぶりの優勝目指してまっしぐらだ(この原稿が出る頃には?)。阪神ファンの皆さん、今年の秋は声高らかに六甲おろしを歌いましょう。
 さて、JAが合併してはや1か月が経った。私も29年間、旧JA白浜信用でお世話になり、合併を機に本所情報管理課に配属され、日夜がんばっている。
 組合員の皆さまはいかがお過ごしでしょうか。農繁期でたいへんな時期を間近に控え、お体には十分注意をしていただきたいと思います。
 私が入職したのは昭和49年で、当時は草野球が盛んで毎週試合をしたのがつい最近に感じられる。最近はゴルフをするようになり、年に5~6回行くラウンドが唯一の趣味となった。ちなみにスコアは90から100前後。皆さんのお誘いをお待ちしております。
 健康でバリバリ仕事ができ、秋にはゴルフをして、一杯飲みながら六甲おろしを歌う、こんな夢を見る今日この頃だ。 (森幹夫)

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional