JA紀南広報誌

15-01

2008年10月号もくじ

画像の説明

経験生かし地域貢献を!
発足後、草刈りなど実施  

すさみ町シルバー人材センター

【大辺路営農室】

画像の説明

 高齢者の社会参画を促進しようとこのほど、すさみ町シルバー人材センター(山本昇理事長)が発足した。会員は、会社を退職者した高齢者などが中心で、長年働いてきた経験や能力を生かして地域貢献を目指す。
 同センターが指定障害福祉サービス事業所「いなづみ作業所」と連携し、仕事をしていく仕組みで、草刈りや家屋整備、庭木の剪定といった身近なものを活動に取り入れる。
 活動の初回となった7月24日には、すさみ町地域福祉センターで草刈機の講習会があり、会員15人が参加。JAすさみ支所の前田文明農機センター長が講師を務め、草刈機の使用上の注意や簡単な手入れの仕方などを説明した。
 前田センター長は「夏場は暑さ対策に十分に気をつけ、無理をせず仕事をしよう」との注意も呼びかけ、近くの空き地で草刈りを実演した。
 参加した会員からは、「普段から草刈機を使用しているが、きちんとした使い方を教えてもらえてよかった」「事故が起きないよう十分に気をつけて、これからの仕事に取り組んでいきたい」といった声が聞かれた。
(すさみ地区広報委員・津村周介)

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional