JA紀南
紀州の梅


申年の梅

 梅は現在、最もメジャーな健康食品の一つですが、昔から「申年の梅は縁起が良い」と言われ重宝されています。

 といいますのも、平安時代のある申年、都で疫病が流行したとき、時の天皇、村上天皇が梅によって人々を救い、自身も梅干しと昆布入りのお茶を飲んで病気を治したとされる言い伝えがあるのです。

 以来、申年の梅は「薬になる」と珍重されてきました。

天皇御脳にかかり給いしが、この茶を服し給えば御脳たちところに平癒すこれより王服と称して、毎年元旦にこの茶を服し給い万萬民これを倣い年中の疫病邪気を除き長寿幸福を得るなり (都名所図絵雑談抄より)

TOP