非公開: ニュース&トピックス

南高梅の特別栽培(青果・梅干し)

和歌山特別栽培農産物
推進協議会 認証
tokusai-02

 南高梅の品質、安全安心な梅、環境にやさしい梅づくりに取り組み17年目を迎えました。
 これからも、まじめに梅づくりにこだわります。
tokusai016 tokusai017 tokusai018 tokusai019 tokusai020
tokusai021 tokusai030 tokusai022
tokusai031 tokusai024
tokusai025 tokusai026 tokusai027 tokusai028 tokusai029
ninsyoumark 栽培方法・特徴
収穫 : 熟度を高め、内容成分を高めました
農薬 : 県慣行の50%以上削減
肥料 : 肥料・土壌改良材は無化学肥料紀南オール有機配合等(100%有機質配合肥料使用)
除草:雑草は刈り取り土にもどしています
※ 農薬を減らしているため、小さい傷があります


農林水産省新ガイドラインによる表示
特別栽培農産物 : 南高梅
化 学 肥 料 : 栽培期間中不使用
栽 培 責 任 者 : JA紀南 指導部 所在地・連絡先は下記に記載
確 認 責 任 者 : 山本博司、野村保、生田良一 所在地・連絡先は下記に記載
農林水産省ガイドラインによる表示
特別栽培農産物
節減対象農薬 和歌山県慣行栽培比5割減
化学肥料(窒素成分) 和歌山県慣行栽培比10割減
栽培責任者 JA紀南 加工梅特別栽培グループ 会長 那須康夫
住  所 和歌山県田辺市高雄三丁目22-19
連 絡 先 TEL 0739-25-5720
確認責任者 山本博司、野村 保、生田良一
住  所 和歌山県田辺市高雄三丁目22-19
連 絡 先 TEL 0739-25-5720
節減対象農薬の使用状況
使用資材名 用 途 使用回数
銅剤 殺菌
アセタミプリド水溶剤 殺虫 1回
水和硫黄剤 殺菌
ジチアノン 殺菌 1回
オキシテトラサイクリン水和剤 殺菌
チェリトルア剤 その他
キャプタン水和剤 殺菌 1回
ジフェノコナゾール水和剤 殺菌 2回
ベノミル水和剤 殺菌 1回
節減対象肥料・土壌改良剤の使用状況
使用資材名 成分(窒素-燐酸-加里) 化学窒素使用量
樹皮堆肥 —————— 0
貝殻 —————— 0
熔成燐肥 0-20-0 0
有機質配合肥料    
こだわりオール有機配合 7-2-4 0
紀南ぼかし入りオール有機配合 7-2-4 0
紀南オール有機ペレット 6-2-3 0
紀南オール有機配合 6-2-4 0
菜種粕 5.3-2.3-1 0
認証機関認証番号 和歌山特別栽培農産物推進協議会、310-1~11
生産者名6名 広畑幸男、桐本重治、那須康夫、向日雅和、橘 真吾、洞 康雄
農林水産省ガイドラインによる表示
特別栽培農産物
節減対象農薬 和歌山県慣行栽培比5割減
化学肥料(窒素成分) 和歌山県慣行栽培比10割減
栽培責任者 JA紀南 梅特別栽培研究会 野久保 太一郎
住  所 和歌山県田辺市高雄三丁目22-19
連 絡 先 TEL 0739-25-5720
確認責任者 山本博司、野村 保、生田良一
住  所 和歌山県田辺市高雄三丁目22-19
連 絡 先 TEL 0739-25-5720
節減対象農薬の使用状況
使用資材名 用途 使用回数
石灰硫黄合剤 殺 菌
銅剤 殺 菌
ジチアノン水和剤 殺 菌 1回
アセタプリミド水溶剤 殺 虫 1回
水和硫黄剤 殺 菌
ジフェノコナゾール水和剤 殺 菌 1回
オキシテトラサイクリン水和剤 殺 菌
チェリトルア剤 その他
ベノミル水和剤 殺 菌 1回
DMTP乳剤 殺 虫 1回
ジノテフラン水和剤 殺 虫
節減対象肥料・土壌改良剤の使用状況
使用資材名 成分(窒素-燐酸-加里) 化学窒素使用量
樹皮堆肥 —————— 0
貝殻 —————— 0
熔成燐肥 0-20-0 0
有機質配合肥料    
こだわりオール有機配合 7-2-4 0
紀南ぼかし入りオール有機配合 7-2-4 0
紀南オール有機ペレット 6-2-3 0
紀南オール有機 6-2-4 0
菜種粕 5.3-2.3-1 0
認証機関、認証番号 和歌山特別栽培農産物推進協議会、311-1~93
生産者42名 田中武男、中田善久、那須明彦、丸山照代、平尾 みえ子、
新澤 亘、冬木益夫、法忍岳史、渋谷文彦、輪玉さやか、
池永拓也、石神 泰、平山昇一、平山茂男、坂本増巳、
山崎正巳、橘 真吾、原 拓生、平尾重雄、田中圭介、
野久保太一郎、那須敏夫、南 廣司、芝崎誠一、宇井 健、
山崎 剛、衣畑景右、市橋宗行、冨家 力、井上義明、
木下幾雄、平岩義浩、前田 光有希、峰 定司、
森 佳弘、森 敦孝、中道 平、石垣陽三、岡本智郁、
森 琢未、石垣長一朗、稗田和春

JA紀南 梅特別栽培研究会
平成26年産 梅特別栽培基準

目的・目標
減農薬無化学肥料栽培、特別栽培認証適合を内容として、青果・原料用等への販売拡大を目標に進める。
実施方法
実証圃
 黒星病・かいよう病の出にくい5a以上の園で、JA特別栽培暦にそって栽培する。
病害虫防除
 薬剤散布延べ5回を基本とする。使用農薬は、栽培暦準拠とする。
スカシバコン(フェロモン剤)によるコスカシバ防除を実施する。20年基準により、有機JAS適合のボルドー剤、イオウ剤等は、防除回数にカウントしない。(園地の条件により、基準防除例からの防除回数の削減に挑戦する)剪定を行い、風通しを好くすることで、かいよう病・黒星病の発病を減らす。
除草剤
 除草剤は、年間を通して使用しない。
その他
 減農薬を促進・補完する天然系その他資材は、営農指導員と相談して取り入れ、 結果を報告・紹介する。
肥 料
 年間を通じ、有機率100%の肥料を使用する。
・施肥・肥効を抑制し、かいよう病・黒星病の発病を減らす。
・土壌分析診断に基づいた土壌改良を実施する。(9月)加里は草木加里を使用。
収 穫
 収穫物は青果収穫で、指定した熟度(80%)とする。
記録・報告 施肥、防除、その他管理、収穫の記録を行ない、収穫前に報告する。
特栽認証 特別栽培認証を取得の栽培内容とする。

JA特別栽培暦(散布量は、400~700㍑/10aとし丁寧に散布)肥培管理(樹勢・園の状況により加減する)
防除時期 病害虫 防除薬剤 施肥時期 施用量
12/ 越冬病害虫 石灰硫黄合剤
10~15倍
11/ 土壌改良
3/15頃 かいよう病多発園 ICボルドー
50倍
バークミン
2000㎏
3/30頃 黒星病 デラン(フ)
2000倍
セルカ
140㎏
3/30頃 アブラムシ モスピラン顆粒(溶)
4000倍
BMヨーリン
60㎏
4/上中旬 黒星病 イオウ(フ)
500倍
 
4/15頃 黒星病 スコア顆粒(水)
3000倍
11/下旬 オール有機配合
80㎏
4/15頃 かいよう病 マイコシールド(水)
1500倍
3/下旬 オール有機配合
80㎏
4/15頃 コスカシバ スカシバコン
50~100本
4/下旬 オール有機配合
100㎏
5/1頃 黒星病 ベンレート(水)
3000倍
6/下旬 オール有機配合
140㎏
5/1頃 カイガラムシ・ケムシ
カメムシ類
スプラサイド(乳)
1500倍
又は、スタークル顆粒(溶)
2000倍
8/下旬 ナタネ粕
200㎏